ブログ

ローマで人気№1パスタ!「カルボナーラ」のレシピ

イタリア、ローマが発祥の「カルボナーラ」

日本でも人気のパスタですね、ローマでももちろん大人気で

新聞社が行ったパスタの人気投票でも堂々の1位だったそうですよ😊

(ちなみに2位はラザニア、3位はミートソースです)

 

カルボナーラと言えばパルメザンと生クリームを使うイメージですが

実は本場のレシピでは全然違うのをご存じでしたか?

使うのは「卵黄・ペコリーノロマーノ・グアンチャーレ・黒胡椒」

この4つの食材のみです。生クリームは使いません、使ってはいけないそうです。

そして大事なチーズ、パルメザンではなく、「ペコリーノロマーノ」←ここ重要✨

パルメザンはパルミジャーノレッジャーノ風チーズの事です、

スーパーによく売られているのがコレですね、粉状で売られておりお手軽です。

ですが、真のカルボナーラは「ペコリーノロマーノ」を使います、

とー-ってもしょっぱいチーズで塩の代わりになるほどです。

ちなみに…

ペコリーノ=羊乳チーズの総称

ロマーノ=ローマ

ローマで造られる羊乳チーズの事をペコリーノロマーノと言います

他にもサルディーニャ島でつくる「ペコリーノサルド」

トスカーナでつくられる「ペコリーノトスカーノ」などなど

「ペコリーノ」とつくチーズはとてもたくさんありますので

チーズ屋さんにいったら必ず「ペコリーノロマーノ」と、最後まで名前を言ってあげてくださいね。

「ペコリーノ」だけではどのペコリーノチーズがわからないのです…

 

そして他の食材であまり聞きなれないのは「グアンチャーレ」

これは豚のほほ肉(トントロ)を塩漬けにしたもの

こちらは入手が難しいのですが、似たようなもので

「ジョールベーコン」というのが沖縄では売っていますので

ぜひそちらを使って作ってみてください!

ジョールベーコンはスーパーのベーコン売り場で

げんこつ大のものがビニール袋に入って売られてることが多いです、

ぜひ探してみてくださいね

見つからなければ角切りベーコンでもOK

 

そして次に大事なのはパスタの太さ!

こちらは「スパゲットーニ」という太めを使いましょう

聞きなれない名前ですが、ロングパスタの種類のひとつで

スパゲッティより太いものをスパゲットーニと呼びます

ちなみにスパゲッティより細いものはスパゲッティニ、さらに細いものはカッペリーニとなります

スパゲットーニは2ミリ前後のものが多いですよ、

スパゲットーニはチアーズでも販売しておりますのでご利用くださいませ

 

本場ローマのパスタ人気投票では堂々の1位に輝いた「カルボナーラ」

レシピを記載いたしますので、皆さまぜひ作ってみてください!

 

材 料(1人前)

 ・ジョールベーコン:50g

 ※卵黄:1個

 ※ペコリーノロマーノ(粉):20g

 ※粗びき黒胡椒:適量

 ・スパゲットーニ:80g

 (分量外)

 ペコリーノロマーノ(粉) お好みの量(味見しながら)

 粗びき黒胡椒 たっぷり

 

作り方

①ベーコンを炒め、表面をカリっとさせ、フライパンに出た脂も含めて取り出す

②スパゲットーニをゆでる、塩分濃度は1%

③茹でてる間にソース作り→ボウルに※の材料とベーコンを炒めたときにでた脂(大匙1まで)、 パスタのゆで汁大匙1を入れて混ぜる

④パスタが茹で上がったらお湯をきって、ソースの入ったボウルへ入れ、手早く混ぜる、取り出しておいたベーコンを加えてさらに軽く混ぜる

⑤お皿に盛り付け、分量外のペコリーノロマーノ(粉)と粗びき黒胡椒を振りかける

 

簡単につくれますのでぜひ作ってみてくださいね!

画像はkatoが作ったもの、ジョールベーコンでつくりましたよ(ちょっと大きく切りすぎた)

卵黄の黄色が輝いていて美味しそうです✨(実際美味しかったですよ)

2022年06月09日 17:45

カテゴリ: |

kato